マイプロテイン

【マイプロテイン】グルタミンの飲み方は?寝る前に飲むと風邪を引かない!

グルタミンとは?

アミノ酸の一種

グルタミンとはアミノ酸の一種であり、【L-アミノ酸】と呼ばれています。

このアミノ酸という物質には「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の2種類がありまして、

グルタミンは「非必須アミノ酸」の部類に区別されます。

必須アミノ酸非必須アミノ酸には違いがありまして、どちらも筋肉を大きくするために必要不可欠なアミノ酸の1つです。

グルタミンの効果は?

筋肉の分解を防ぐ

ウェイトトレーニングをすると、人間の体の中ではグルタミンが勝手に生成されます。

なぜかというと、グルタミンは「非必須アミノ酸」に区別されます。

ということはですよ、

体の中で作ることができない必須アミノ酸と異なり、体の中でグルタミンという物質を作ってくれるんですね。

グルタミンは「精神・または肉体的に体に負担がかかっている時」に大量に消費されると言われています。

そのタイミングとは、

  • トレーニング後
  • 風邪を引いている時
  • 睡眠時間が短い時
  • 仕事でストレスがかかっている時

この記事を読んでいる人が今、最近で上記のような経験をしたとすると、

体の中でグルタミンが大量に消費されていると言えるでしょう。

体がグルタミンを消費する時というのは、筋肉を分解しているタイミングと重なってしまいます。

したがって、いくら体の中でグルタミンが作られるといっても、体が作るグルタミンの量では、筋肉の分解を補うことはできない訳ですね。

なので、体内で合成するグルタミンの他にサプリメントとしてグルタミンを体の中に取り込むことによって、筋肉の分解を防いでくれるのです。

せっかく痛い思い&時間&お金&タンパク質をトレーニング終わりに定期的に摂取することによって大きくした筋肉が分解されるのはちょっと悲しいですよね。

風邪を引きにくくする

風邪の引き始めにグルタミンを摂取すると良いと言われています。

グルタミンというのは、人間の免疫力を維持するリンパ球やマクロファージを生成する元になっています。

なので、体の調子が悪い時に、グルタミンは必要というわけですね。

  • ちょっと仕事に休みがなくて、体がだるい時とか、
  • ハードにトレーニングしすぎてちょっと気持ち悪い

上記のようなタイミングで体の免疫力というのは下がります。

実はスポーツ選手が風邪をひきやすいという話は聞いたことがあると思います。この話は本当でして、

スポーツ選手は体の免疫力が低くなるタイミング(=体内のグルタミン量が体調を整えるために一般人より多く必要)が多いということが言えます。

一般の方でも週に5日とかトレーニングを行う方は免疫力が低くなるというので、

したがって、そういった場合に備えて、日常的に体内にグルタミンを貯蔵しておくために常日頃から摂取をした方が良いと思います。

風邪を引いて筋トレができない期間を作らないために、グルタミンは必要であると言えます。

筋肉を大きくする働き

グルタミンを寝る前に摂取することによって、筋肉の合成を促す、という効果が見込めます。

筋肉を成長させることにおいて、一番大事なのがカタボリック(=筋肉の分解)を防ぐということでして、グルタミンは筋肉を修復するタイミングにも効果を発揮してくれます。

ただし、グルタミンのみで筋肥大するという訳ではないので、トレーニング後のプロテインと炭水化物は必ず摂取しましょう。

グルタミンはあくまでも筋肥大の補助をするのみです。

グルタミンの飲み方は?

プロテインと一緒に混ぜる

グルタミンをビルダーのみするのはおすすめしません。

味が、ちょっとイマイチなのです

したがって、プロテインの味・またはBCAAの味などでグルタミンの味をかき消しましょう。

グルタミンを摂ると効果のあるタイミングは?

寝る前

人間の寝る、という行為は体の筋肉を回復するという行為にほぼ等しいです。

したがって寝ている間に筋肉質が合成されるということで、グルタミンも体の中で作られると同時に筋肉が大きくなるために使われるという訳です。

トレーニング後

トレーニング後は体内のグルタミンの貯蔵率が低くなるタイミングなので、グルタミンは意識して摂取した方が良いと思います。

それだけで風邪をひきにくくなります。

ちなみに、私はここ2年ほど風邪を引いていません。

風邪を引く時って、何かしら体に前兆が現れるじゃないですか。

  • 喉が痛い
  • フラフラする
  • 体が寒い

上記のタイミングでグルタミンを体に入れてあげることによって、体調不良を最小の被害で抑えることができます。

プレワークアウトとしてグルタミンを飲まない方が良い理由

グルタミンを体の中に取り入れると、体のなかでアンモニアという成分が発生してしまいます。

このアンモニアという成分は、トレーニングをする際には不必要な成分、いわば

邪魔な成分

として体の筋肉から扱われます。

アンモニアはそもそも体にとって、有害な物質なのです。

そこでグルタミンがアンモニアを無害な物質に変えて肝臓へ運ばれます。

ここで1つ、トレーニング時において大事な点がありまして、

トレーニング中は臓器が動くのを避けた方が筋肉を追い込める

というルールがあります。

肝臓がアンモニアを分解して尿に変えるということは体の血液が臓器に集中してしまうとことです。

したがって、トレーニングを行う前にグルタミンを飲んでしまうと臓器の働きを活発化させてしまうということになり、筋肉に血液が十分に行き渡らなくなるのです。

これが、グルタミンをトレーニング前に摂取しない方が良いという理由です。

グルタミンを摂取を続けた筆者の感想は?

2年間風邪を引いてません

グルタミンを2年間定期的に摂取して見たんですけど、ここ2年間は風邪を引いていませんね。

これは働く人間にとって、おすすめのサプリメントだと言えます。

マイプロテインのプレワークアウトを見てみる【Myprotein】

マイプロテインを安く購入する方法については、下記記事をご覧ください。

マイプロテインはどこで購入するのがお得?|楽天/アマゾン/メルカリ/公式