トレーニング

筋トレ初心者はトレーニングベルトをつけるべき?効果や正しい付け方も

皆さんはトレーニングベルトを使っていますか?

よくジムにいる、思う重量を持ち上げている人がつけているイメージがあると思いますが、

実はあれってトレーニングをする人には欠かせないものです。

この記事では、

トレーニングベルトって、若干高めだけど、価格に見合った効果ってあるのかな?

初心者はトレーニングベルトをつけるべき?

そんな情報が知りたい人に向けてについて説明していきたいと思います。

結論を言うと、

  • トレーニングベルトは重い重量(ベンチプレスにしろアームカールにしろ全ての種目に関して自分の体重と比較して)を扱う人はつけた方が筋肉に刺激を伝えられる
  • キツく巻く

です。

トレーニングベルトをつける効果

体幹部が安定し、筋肉に刺激を効かせることができるようになる

トレーニングベルトを装着すると、背骨が安定する&腹圧を意識しやすくなるます。

腹圧とは、人間の腹にかかる圧力のことです。

簡単にいうと、用を足す際をイメージしてください。

あれが【腹圧がかかっている】状態です。

この腹圧というのが、トレーニングには大事でして、

腹圧がしっかりかかると、体の中心が安定させることができるんですよね。

要は背中が丸まらずに、背筋がピンと張るイメージを持っていただければと思います。

腰を痛める可能性を減らせる

デッドリフトやスクワットはもちろん、ベンチプレスも含むトレーニングというのは背筋が丸まったまましてしまうと、関節を痛めてしまうんですよね。

筆者はデッドリフト・スクワット・ベンチプレスの3種目全てで怪我をした・もしくは筋肉にうまく利かせられなかったという記憶があります。

・デッドリフトは単純に腰が丸まり、握力ばかりを消耗してしまって本来の目的である背中の筋肉に効かせることができなかった。

・ベンチプレスに関しては背中を逆に反らずに行い、肩を痛めてしまった。

・スクワットに関しては、ベルトを巻かずにトレーニングをして、腹圧の掛け方がわからず重心が安定しなく、高重量を扱えなかった。

という経験をしました。

そして、上記の経験を経て正しい使用方法を自分なりに考えて使用し、

高重量を扱えるようになり、各トレーニングで筋肉に刺激を与えることができるようになりました。

トレーニングで腰を痛めてしまうと、ほぼ全てのトレーニンができなくなる、ということとほぼ同じです。

腰を痛めると歩けなくなりますよね。腰というのは人間の動作全てにおいて重要です。

したがって、腰を痛めると元も子もないので必ずトレーニングベルトはつけることをおすすめします。

トレーニングベルトが必要な条件

下半身のトレーニング【スクワット・デッドリフト】

スクワット・デッドリフトは初心者であれ、必ずトレーニングベルトをつけるようにしましょう。

この2種目は特に腰に負担がかかりやすい種目です。

今日はスクワットするけど、トレーニング始めたばかりだし、なんかトレーニングベルト似合わないし、やめておこうかな、、、

などと考えないようにしてください。

トレーニングベルトが似合う似合わないよりも、怪我をしないことの方が大事です。

トレーニングベルトが不必要な条件

ベンチプレス

ベンチプレスはトレーニングベルトをつけなくても良いです。

ベンチプレスも腰を使う種目ですが、デッドリフトやスクワットほど腰に負担はかからないという理由で、トレーニングベルトをつける必要はないのかな、というイメージでいます。

ちなみに私がトレーニングベルトをつけている種目は

  • デッドリフト
  • スクワット
  • アームカール
  • ベンチプレス

この4種目はトレーニングベルトを欠かさずつけています。

トレーニング初心者であれば、

  • デッドリフト
  • スクワット

上記の2種目に関しては必ずトレーニングベルトをつけてトレーニングを行うことをおすすめします。

どちらも自分の体重より重い重量を扱うということで、少なからず重心がぶれて筋肉に刺激を与えられないといった状態を回避するためです。

トレーニングベルトの巻き方

 トレーニングベルトの最適な位置

トレーニングベルトの最適な位置は太ももの上にある骨の上に巻きましょう。

1 2