フィットネスYoutuber

【Youtuber】大橋源紀さんのGENTアパレルがおしゃれ!性格や由来は?

こんにちは。

今日は銀座でパーソナルトレーニングを行なっているGENTFITNESSを紹介していきたいと思います。

  • 本名:大橋 源紀
  • 高校:埼玉県立武南高校
  • 年齢:28歳
  • 生年月日1989年 10月9日
  • 体重76~90kg
  • 血液型:B型
  • インスタグラムアカウント:genki0014
  • Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCLofrzp-fQ5XAj3GYHcawvQ
  • Twitterアカウント:gentfitness1

見た目がいかついですね、龍が如くに出てきてもおかしくないですね、笑

よくYOUTUBEのコメントを見ていると、顔つきについてのコメントがちらほら見られますす。しかし風貌と異なり言葉遣いだったり、トレーニングに対する意識だったり他人に対する姿勢はめちゃくちゃ丁寧です。

負けるのが嫌い

ゲンキさんは埼玉県の武南高校サッカーをしていて、プロを目指していたそうです。練習試合をする相手は現在Jリーガーや日本代表で活躍している選手がいます。

プロになるという目標を持ってサッカーに取り組んでいたため、高校3年性の埼玉県大会の準決勝で負けてしまってから、サッカーに対する情熱は途切れてしまったそうです。

トレーニングを始めたきっかけは?

ゲンキさんがトレーニングを始めたのは高校を卒業してからです。

4年半前から20代は自分の形じゃないところに収まり、自分のしたくないことをして生活していました。

そしてなんとなく海外に行きたいという思いから4年間のサラリーマンに区切りをつけたということです。

そして、ひょんな時に同じく海外に行くために会社員を辞めた友人と会って、海外で過ごすための生活費を稼ぐために2人で弁当の配達員をしていました。

その時に筋トレを始めるきっかけとなる人と出会い、区営のジムでトレーニングを始めたそうです。

それと同時にワイルドスピードを始めとする映画に出演している人の筋肉をみて、自分もあんなふうになりたいと何度も思ったそうですが、当時は日本人は西洋人と違ってあんなに体が大きくならない、と思っていたようです。

そのことを当時弁当の配達員をしていた時に会った会社員の方に話をすると、「日本人でも筋肉を大きくすることができるよ」と言われ、その言葉を信じてトレーニングを始めました。

あの猛獣のような体を持つゲンキさんも、トレーニングの知識は全くなかったということですね。当時ゲンキさんは仕事を辞めているということもあり、当然知り合いからもちゃんと仕事をしているのか心配する言葉も会ったそうですがあえて無視をしてトレーニングに没頭したそうです。

当時はYoutubeにも知識は転がっていなかったので、弁当の配達員をしていいた社会人の方の言葉を信じてトレーニングをしていたと言うことなので、それくらいトレーニングに人生を賭けていたということが理解できると思います。

そこから1年半が経緯し、50キロがギリギリだったところが80キロ10回までできるようになりました。

プライドズタズタになったフィジーク大会

その時日本で初めてNPCJの大会が開かれて、とりあえず出場することを決意します。

その時は減量というものがどういうことなのかを知らなかったので、我慢できず甘いものを食べたりした結果、体を絞りきれずBEEF SASAKIではビリだったそうです。

その時の悔しさをバネにして、Youtubeチャンネルを始めとする事業やトレーニングに打ち込んでいます。

GENT Fitnessの由来は?

カネキンさんと同じ大会に出場した時、カネキンさんの動画にゲンキさんが映っていて、カネキンさんの動画編集をしている人がゲンキさんにyoutubeをやらないかと提案したのがきっかけです。

名前の由来に関しては、どこまでいっても、紳士的な対応で接していこうという部分を一番大事にしていて、その意味を込めてジェントルマン(=gentleman)の略語として”ジェント”(=GENT)と名前をつけたそうです。

現在、プロカードを目指してトレーニングをしているということ。

GENTアパレルは?いつ購入することができる?

GENTアパレルはこちらから購入することができます。

人気の商品でよく売り切れになるので、適宜公式URLをチェックしておく必要がありますね!

  • 2017 NPCJ MENS PHYSIQUE 175cm~over1位
  • ARNOLD CLASSIC 2018 11位
  • 2018 NPCJ 大阪大会 クラス別優勝 OVERALL 優勝
  • 2018 IFBB PRO QUALIFIRE クラス2位

※過去に何度かNPCJの大会の方に出ているというわけですが、2017年以前の順位の結果を調べることはできませんでした。

日本代表として挑んだアーノルドクラシック

ゲンキさんはなりに負けた要因について考えた結果、初歩的なミスが目立ったということです。具体的にはカラーリングの色が薄い、

ファーストコールで呼ばれなかったのは大会に出場し始めた時以外では経験していなかったということで、悔しい思いをしたそうです。

その後のNPCJ大阪大会では、アーノルドクラシックでのリベンジを果たすという形で優勝という実績を残しています。ゲンキさんの長所である負けず嫌いが良い形で現れたということですね!

持ち前の人柄の良さを存分に活かして、これからもYoutubeチャンネルをもっともっと増やしていくということで、日本でフィットネスを広めていってほしいですね!

以上、大橋源紀さんの紹介でした!