トレーニング

トレーニングを続ける方法【一人でトレーニングしてやめちゃった人必見】

トレーニングしたけど、一人だとなんかツマらなくて結局やめちゃった、

トレーニングを続けている人のモチベーションってなんなんだろう?

私もトレーニングを続けたいです!

こうった疑問に答えます。

この記事を執筆している筆者はトレーニング3年目。

  • 2年間は大学生だったため、友人とトレーニングをしていました。
  • 現在は一人でトレーニングを初めて1年目になります。

一人でトレーニングしている人はいますぐ友達を誘うべき

一人でトレーニングをしている人はすぐやめて、誰か友達を誘うべきです。最近は鍛えた体を披露するフィジーク大会やベストボディジャパンといった競技が盛んになっていまして、特にここ数年での筋トレYoutuberの盛り上がりは盛況を迎えています。

そのような盛り上がりがあるので、たとえトレーニングをしていない友達でも、多少トレーニングをしてみたい、と考えている友人や知人が必ずいるはずです。

とりあえず手当たり次第にトレーニングをしないかとガンガンLINEを送って誘ってみましょう。

理由としては、以下の理由が挙げられます。

  • 1人トレーニングだとモチベーションが保ちにくい。
  • 1人だと上手に追い込めない
  • 複数でトレーニングすると互いに切磋琢磨できる
  • トレーニングや食事の情報共有が容易になる

モチベーションが保ちにくい

一人でトレーニングを続けていると、「なんかトレーニングする気分じゃない日」というのが出てきます。

よくあるのが、残業が立て込んでいる日、雨の日、足が筋肉痛の日です。

トレーニングに快感を覚えている、または自分の疲れと定期的に向き合える熟練者なら問題ないと思いますが、1人でトレーニングをしていると、決まってサボります。

仕事においてマネージャーやメンターが必要なのと同じように、トレーニングにもメンターのような役割をしてくれる友人をおくべきです。

そうすると互いにサボるのを牽制するようになり、日々のトレーニング回数が増えます。

私は現在一人でトレーニングをしていますが、トレーニングをサボらない理由として「友人と複数でトレーニングしていた期間」があり、かつ「自分の体に対してもコンプレックス」があります。

トレーニングをサボれば、目に見えて太ってしまうし、モテなくなってしまうし、トレーニングによる気分転換もできなくなってしまう

ということを理解しているからです。

※もっと深掘りすると、筆者も上記のような失敗をしてきた過去があるからです。

したがってトレーニングをサボった結果というのがある程度予測できるので、決まったルーティンでトレーニングをすることができています。

うまく追い込めない

トレーニングに置いて筋肉が成長するタイミングというのは、限界がきてからいくら持ち上げることができるかという点にかかっています。

物事の上達を効率的に成長させるには、限界突破が大事ですね。

2人でトレーニングすれば、その時に補助として「あと3回補助付きでベンチプレスを挙上する」という行為が可能なのです。

一人でトレーニングすると自分でレップ数の限界を決めてしまうことになりますので、それでは自分が挙上できる重量というのは上がりにくいわけですね。

※それに、補助がいないともしも重量を扱えなかった時にラックに戻すことができず怪我の原因になります。

トレーニング仲間が多いと互いに切磋琢磨できる

フィットネスYoutuberも動画内で述べている、合同トレーニングというものです。

男性全員が鏡の前で上半身を脱いで、体のチェックをするわけですね。

その時に、自分より脂肪が少なくて絞れている、とか、自分より腕が太い、自分より重い重量をあげているといった、明らかに劣っている部分というのがはっきりわかります。

  • そうやって互いに競い合った先にあるのは、男性の場合女性からモテる、という部分が大きい気がします。
  • 基本的に筋肉あって痩せている方が女性からモテますし、人間の競争本能ですよね。
  • モテないよりはモテた方が人生を有意義に過ごせます。

フィジーク大会で競い合うまでは行きませんが、身の回りにベンチマークとすべき体や人間がいることはモチベーションアップに繋がりますね。

トレーニングや食事の情報共有が容易になる

筋トレYoutuberがWorkout動画や日々の食事を発信していますが、多くの筋トレYoutuberが動画を投稿するので様々な情報が一人では到底カバーしきれません。

トレーニングしている友人が複数いれば、彼らが求める体というのはそれぞれ異なるわけです。したがって、より多くの筋トレYoutuberの動画をみる人間が集まって情報共有した方がコスパが良いです。

食事に関しても、フィットネスYoutuberが常日頃食べている食事は再現しにくいものも多いです。

彼らが摂取している食事メニューの代用品をみんなで雑談がてら話せばそれだけで調べる時間の節約になるし、プロテインの味は実際に摂取してみないと美味しいかどうかはわからないので、トレーニング全般の情報共有は1人でしないほうが良いです。

トレーニング仲間が見つからなかった場合

一人でもモチベーションを保つ方法としておすすめなのが、筋トレYoutuberの動画を見まくることです。大体の筋トレYoutuberはモチベアップ動画を投稿しています。

しかし、複数でトレーニングをするデメリットもあります。

トレーニング仲間が多すぎる場合はジムの使い方に注意

気がつかないうちに器具を占領しかねない

ジムでマッチョ達が集団でジムを使用していたら、ちょっと怖いですよね。

自分自身が加害者にならないように、配慮として自分でも器具を占領して使いにくいというオーラを出さないようにしています。

逆に自分が被害者になってしまうときももちろんありまして、そういう時はすぐその場を離れますww

※ジムでは、自分がされて嫌なことはしないようにしましょう。

トレーニングせずにジムで話し込んでしまう

これはあるあるです。

別にトレーニングの話題ではないのですが、レスト時にレスト時であることを忘れてしまい、話に集中が向いてしまう時が複数のトレーニングではよくあります。

対策として、タイムマネジメントをしましょう。

具体的には、

  • 筋トレをする前にレスト時間を決める
  • ストップウォッチを導入する

などです。