トレーニング

事務所kiiiについて紹介!社長やラファエルが移籍した経緯や所属メンバー・他事務所との比較も

Youtuber事務所kiiiとは?

2017年6月に設立されたKiiiは、ユーチューバーのマネジメントを行う事務所として発足し、いわゆる芸能事務所に似たような会社です。

2019年8月現在33のユーチューバーを受け持つ大手マネジメント事務所であり、日本人だけではなく外国人ユーチューバーも所属するグローバルな会社です。

ユーチューバーのマネジメントだけではなく、ユーチューバーの養成や外国人ユーチューバーのインバウンドやアウトバウンド、そのほかイベント事業や企業コンサルティングも多岐にわたって行っています。

社長について

現在Kiiiの代表取締役は高田樹氏になっていますが、実際のところほかのまとめサイトでは磯川桂一郎氏となっていることがほとんどです。

なぜ??

高田氏が代表取締役としてほかの企業の役職をされていないか調べたところ、『株式会社ITI』というソフトウェアやハードウェアの開発を生業としている会社の代表取締役でもありました。

しかもKiiiと(株)ITIは同じ住所に会社を構えていました。

おそらく企業のカテゴリーをまたいで代表を務められているのではないでしょうか?

所属YouTuber

現在33組のユーチューバーが所属しているKiii。Kiiiに所属しているユーチューバーを何組かご紹介します♪

①ラファエル

ドッキリをするチャンネルとして登録者数120万人を誇る有名なユーチューバーさんの一人です。

サブちゃんねるではクッキング系の映像を載せているとの事。

公式youtube

②NOBLEMAN【ノーブルマン】

韓国系ユーチューバーのグループです。街角アンケートや実際に韓国にて検証動画を挙げていたり、旅行にも役立ったりちょっとクスッとするような動画が多いですよ♪

公式youtube

③韓国人留学生デポちゃん

同じく韓国系ユーチューバーです。日本と韓国の両面から様々な動画を挙げています。クレヨンしんちゃんのパジャマを着て撮っている動画が面白いですよ!

公式youtube

kiiiが炎上した理由ややばいと言われている理由

ユーチューバーのマネジメント事務所として多くのユーチューバーを抱えるKiiiですが

炎上したことでも話題の事務所です。なぜ、Kiiiが炎上したのかというと元所属ユーチューバー・たいぽんがKiiiを辞める際にクビ覚悟と称してKiiiの待遇の悪さについて暴露したことがきっかけです。

元々Kiiiのアプローチによって所属をきめたたいぽんですが、給与の面やマネジメントの部分で不信感が募りやめてしまったとの事です。

このことが明るみになったため、代表取締役が変わってしまったという可能性も無きにしも非ずですね。。。

ラファエルがVAZから移籍した経緯

チャンネル登録者数120万人を超える超有名ユーチューバー・ラファエルさんですが、彼はもともとKiiiに所属していたわけではなく以前はVAZという別のマネジメント事務所に所属していました。

そんな彼がKiiiに所属を決めたのはお金の問題がメインのようです。

「お金にがめつい」というイメージがあるラファエルさんですが、全くその通りのようです(笑)

有名になり、自分の身の程を見直すきっかけとして事務所を移籍することはタレントや芸能人に関しても通ずるところかもしれませんね。

VAZとkiiiの違い

ラファエルさんの移籍で話題になったVAZとKiiiの違いはどういった点があるのでしょうか?

いくつか比較していきたいと思います。

①基本データ

【VAZ】2015年7月設立。業界大手のマネジメント事務所です。渋谷の中心に事務所を構えています。

【Kiii】2017年6月設立。比較的新しいマネジメント事務所の一つです。目黒区青葉台に事務所を構えています。

②所属クリエイターの層

【VAZ】所属クリエイターは全31組。チャンネル登録者数100万人以上を誇るユーチューバーのほか中堅ユーチューバーを多く抱えています。

【Kiii】現在は全33組のクリエイターが所属。年齢層の幅は広く、小学生から社会人、外国人クリエイターも抱えています。

③評判

【VAZ】所属クリエイターの平均年齢がかなり低くたびたび事務所とクリエイターの間で問題が多く大炎上したこともあり評判はあまり良くないとの見方が強いです。

【Kiii】ほかの事務所に比べて個性的で個々の特徴が異なる事務所ですが、事務所内でのユーチューバー同士の仲があまり良好ではないとの事。また過去に金銭問題で元所属クリエイターが暴露動画を挙げて炎上しました。

事務所kiiiについてのまとめ

まだまだ、新しい事務所の為これからの伸びしろが多く残る事務所・Kiii。所属クリエイター1人1人が特徴的で各々のチャンネル登録者数も増えて行っていますので、これからもっとグローバルクリエイターが増えていくかもしれません。

ぜひ、お気に入りのユーチューバーを探してみてはいかがでしょうか♪