ライフスタイル

いきなりステーキがまずい&食べにくいと考えている人の意見7選

その場での実演調理やお肉の焼けるにおいが食欲をそそるステーキチェーン店「いきなりステーキ」。このいきなりステーキがまずい、食べにくいとの意見が多くみられることがわかりました。

その意見についてご紹介します!

いきなりステーキがまずい&食べにくいと考えている人の意見7選

RitaE / Pixabay

①お肉自体が硬くて食べづらい

一番多い意見であったのが「お肉が硬い」「筋っぽい」「全体的においしくない」などの意見でした。フードコート等にも店舗を出しているいきなりステーキですが、コスト面からできるだけ安く仕入れて提供する部分においてお肉が硬い等の不満はぬぐい切れないのかもしれません。

②ドレッシングやソースの味が濃く肉の味がちゃんと味わえない

ステーキ、ハンバーグ以外にもサラダ等のサイドメニューもあるいきなりステーキですが、「ソースが不味い」との意見もいくつかありました。お肉本来のおいしさを味わえないのはつらいですよね…。

③お肉の値段が高い

いきなりステーキで特徴的なのは「お肉の量り売り」ですよね。ステーキ店の相場はまちまちですが、300グラム2500円は高くもなく安くもない適当な価格なのかもしれません。しかし、お肉の質等を加味して考えた場合コストパフォーマンスはよくないかもしれません。

④お肉が出てくるまでの時間が長い

後にご紹介する意見で詳しくあげますが、お肉を鉄板で焼き、お客のもとへ渡るのに時間がかかりすぎるとの意見も。「待てど暮らせど商品が出てこない」「めちゃくちゃ待って出てきたお肉が冷めていた」等、熱々ジューシーのお肉をおなかをすかせて買いに来たお客としてはイライラしてしまいますよね。

⑤店員の対応が雑

意見の中にチラチラ出てくるのが「店員の対応が悪い」ということ。どこの飲食店やサービス業を営んでいるお店でこの意見が出てくるのはあり得る話ですが、④で紹介したお肉がなかなか出てこないというシチュエーションにおいても「お待たせしました」の一言もなかった、商品が来ないと伝えたら「在庫がないのでキャンセルしてください」と言われたなどと、様々なクレームの嵐が…。急激な店舗増加に伴い、社員やアルバイトの教育が追い付いていないのかもしれません。

⑥お肉の切り方が雑

ステーキ店や鉄板焼きのお店にいくとお肉を焼いて切り分けてくれます。食べやすい大きさで筋をのぞいたり、筋に沿って口に入れた時に程よく口どけするように均等な大きさに切り分けてくれます。しかし、「乱切り」「筋っぽかった」「大きさがバラバラ」との意見も。チェーン店であり、フードコートにも店舗を置くいきなりステーキですが、商品を購入している以上それなりの丁寧な調理を心がけてもらいたいものです。

⑦納得のいき難い注文システム

フードコートの中にある店舗はあまり、感じたことがないかもしれませんが多くの店舗が立ち飲み屋状態で椅子がないとのこと。そして、量り売りも多めにして価格を上げたり、注文がうまく十ていなかったりというケースが非常に多いようです。また、通常出来上がったことを教えてくれるベルを渡されますが、そのようなシステムはなく、自分の注文したお肉が出てくるまでが長いのです。

いきなりステーキのまずい料理5選

①CABワイルドステーキ/300グラム1,390円~

筋が多く、脂身も多い。胃もたれする。との意見が多くありました。

②リブロースステーキ/6.9円×グラム数

こちらも筋が多く乱切りか?との意見が。

RitaE / Pixabay

③サーロイン/US産アンガス牛:8.2円×グラム数、国産:12円×グラム数

コスパが悪く油っぽいとのこと。たしかに、国産牛だと、300.グラムで単品3,600円、ライス等をつけえると4,000円を超えてしまいます。決して安いとは言えません。

④いきなりスパイシーステーキカレー/1,290円

「ステーキ店へ行ってまでカレー?」となりかねないメニューです。そして何よりもカレー屋さんで食べるよりも高い値段!頼むのを控えてしまいそうです。

⑤ハンバーグ/300グラム1,100円

こちらも「ステーキ店へ行ってまでハンバーグ?」となりかねない1品。この値段は妥当かもしれませんが、乱切りしたお肉のあまりや計り間違えて切り落としてしまったお肉を回しているのでは?との意見も多く鮮度に疑問が残ります。

いきなりステーキがまずいと考えている意見のまとめ

以上、いきなりステーキについての意見をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。どうしても飲食業は人気商売、口コミや人の人の評判によって左右される部分がありますので、社員やアルバイトの教育は大切です。

また、いかにコスパをよく、おいしいものをごまかすことなく提供できるかもその店の成長や生き残りに大きく影響してきますよね。

今がいきなりステーキのターニングポイントかもしれません。